WP Super Cacheの設定をいじっていたらHTTP 500エラーになった

2018年11月26日

WordPressの高速化ツールに「WP Super Chache」を使用してます。

設定を見ながらチューニングしていたんですが、何かの拍子に

HTTP 500エラーになってしまいました。

ブログ表示を確認すると、こちらも同エラー…

エラーログを見てみることに…

PHP Parse error: syntax error, unexpected '$wp_super_cache_front_page_cle' (T_VARIABLE) in /mnt/server/data/otomizu.work/wp-content/wp-cache-config.php on line 51

どうやら設定ファイルの構文エラーで落ちている模様。

応急処置

設定ファイル全体を見てみると、ファイルに直接挿入を何回もしているのか、

同じような個所が複数ありました。(偶然にもエラーになってない)

管理画面でエラーになるので、取り敢えず上記のエラー個所を応急処理的に修正しました。

$wp_super_cの後に;を付けて緊急回避。(この部分は各々で変わってくると思う。)

管理画面が表示されるようになりました。

プラグインを停止し、削除を試みる

一度入れ直してみることに。

プラグイン→インストール済みプラグインからWP Super Cacheを探し、停止。

削除ボタンを押すと、「削除に失敗しました。」の警告が発生。

しかしプラグインフォルダを確認するとちゃんと削除されていました。

プラグインの入れ直し

プラグイン→新規追加から「WP Super Cache」を検索しインストール&有効化

再インストールは上手くいった、あとは設定。

プラグイン一覧からWP Super Cacheの設定ページへ遷移。

また警告が出た。

警告内容を見る限り、最初のインストール時は問題無いみたいですね。

指示通り下のログアウトボタンを押したら警告が消えました。

キャッシュの再設定

無事に再インストール&警告も消えた状態になったので、1からキャッシュの再設定しました。

設定ファイル:wp-cache-config.php

設定ファイルバックアップしとこ…