仮想通貨の基本とおすすめの取引所

仮想通貨は、テレビなどでよく耳にするので、一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

日常使うお金のように手に取れるものではなく、ネット上でデジタルデータとして存在するお金です。

興味はあるけれど、どんなものかよく分からないという方のために、ここでは仮想通貨の基礎や使い方を詳しくご紹介したいと思います。

そもそも仮想通貨とは?

暗号技術によって安全性が確保されているので、暗号通貨ともいわれます。

プリペイドカードに代表される電子マネーと同じようなものと捉える人もいますが、この2つは違うものです。

電子マネーはプリペイド方式の電子式決済手段で、Suicaやnanacoなどのように、お金をあらかじめチャージすることで現金でのやり取りをせずに売買ができます。

一方、仮想通貨は、お札や硬貨が存在しませんが、それらと同じように使用できるのが特徴です。

世界で流通している円やドルは、政府が認めそれぞれの国の中央銀行が貨幣として発行していますが、仮想通貨は国や銀行などの特定の管理者が関わらずに流通します。

さらに、世界中のどこにいてもインターネット上で利用できるのが特徴です。

それに対し、電子マネーはセブン&アイHDなどの発行主体が存在しますが、利用できるのは発行主体がある経済圏に限られます。

デジタルマネーである仮想通貨は、バーチャルゲームを考えると分かりやすいです。

例えば、ゲームで主人公が1000コインを持っていたとします。

このコインはゲーム内のバーチャルの世界で自由に使うことができますが、これが現実でも使えるようになったものが仮想通貨です。

電子マネーやゲーム内のコインは電子マネーとして以前からありましたが、仮想通貨という言葉が普及したのは、2008年のビットコインというデジタルマネーの誕生からです。

ビットコインとは?

2008年以降に誕生したビットコインは、仮想通貨の代表格として知られています。

流通量が最も多いので、仮想通貨=ビットコインと捉えている人も多いですが、この2つは同義語ではありません。

日本円やアメリカドルのように、流通の中にはさまざまな紙幣が存在します。

それと同じで、ビットコインは仮想通貨の中のたくさんの種類のうちの一つに過ぎません。

2017年時点で仮想通貨の数は2000種類以上あるといわれており、それぞれのコミュニティで運営されています。

通貨としてだけでなくいろいろな用途に利用しようと考えている人たちがいて、今後も種類が増えていくことが予想されています。

ビットコインの取引は、世界中の膨大な数のコンピューターによって記録・共有されており、誰でもリアルタイムに見ることができます。

ビットコインは、あらかじめプログラムによって、発行上限が約2100万枚と決められています。

これによってインフレが防止され、ビットコインの価値が保たれているのです。

前述のように、仮想通貨の一つであるビットコインは、国や銀行などにコントロールされておらず、インターネット上でプログラムによって動いています。

取引は不正が行われないようにマイニングと呼ばれる計算作業で承認されます。

ビットコインが普及するにつれ、利用者を保護する仕組みが取引所に求められるようになりました。

仮想通貨の魅力と始め方

ビットコインを含め、仮想通貨の魅力は次の3つです。

1つめは、直接個人間で送金ができることです。

金融機関で海外送金する場合、振り込みから着金までに数時間~4日かかりますが、仮想通貨は世界中どこにいても10分程度でスピーディーに送金が完了します。

2つめは、銀行などと比較して、手数料がとても安いことです。

3つめは、世界中で共通して使えるということです。

ただ、仮想通貨の価値は、需要と供給の度合いで決まるので、関連企業や重要人物の発言などで価格が変動しやすいことがデメリットとして挙げられます。

仮想通貨には銀行が存在しないので、取引情報は世界中にあるパソコンやスマートフォンなどの膨大な端末群によって記録・担保され、セキュリティを維持しています。

つまり、仮想通貨の価値は、決められたルールに基づいて取引をする世界中のユーザーによって支えられているといっても過言ではありません。

仮想通貨を売ったり買う場所として、ネット上に仮想通貨取引所があります。

利用するには、メールアドレスからアカウントを取得し、本人確認を行います。

仮想通貨が初めての方や仮想通貨で投資をしたいと考えている方は、基本手数料がすべて無料で運営元がしっかりしている取引所に登録し、まずは感触を確かめてみることが大切です。

国内の取引所で人気なのは、資本金日本一(44億円)の大型取引所・BITPointや、日本最大のビットコイン取引量を誇るbitFlyer、有名通貨5種類に対応し日本最高峰のサーバー強度を持つGMOなどがあります。

ただ、仮想通貨は上述したように価値の変動が大きいので、投資をする際には安心・安全を心がけ、慎重に分析しながら始めることが大切です。