深夜の人影の正体は・・


珍しく残業で、帰宅時間がいつもより遅くなってしまった時のことでした。

ほとんど深夜といってもいい時間帯だったので、帰り道を急いでいたんです。

そんな時、自宅が見える曲道を曲がった瞬間、目の前にぼうっと浮かんで見える人影が!ギクッとして、思わず立ち止まりました。

よく見てみると、近所に住んでいるお婆さんが、赤ちゃんのお孫さんを抱きながら道端に立っているのです。

日ごろから外で見かけることの多いお婆さんなのですが、深夜にまで外にいるとは思わず、しかも街灯も無い真っ暗闇の場所で声も立てずにいたので、正直怖かったです。

赤ちゃんは寝ていたのか、物音も声も全くしなかったので、急に目の前に現れた人影に一瞬恐怖を感じてしまいました。