テレビを見ていて起きた怖い話


小学生の頃、夕方から両親が用事で出かけて、私と祖母が2人で留守番をしていた時の話です。

夜になっても両親が帰宅しなかったので、祖母は寝室に行って眠ってしまい、私は一人でリビングに残りアニメ映画を見ていました。

そのアニメ映画はお気に入りの作品で、その日も途中までは楽しく鑑賞していたのですが、中盤になると急に映像がぐちゃぐちゃに乱れはじめて、映画が見れなくなってしまいました。

カラーだった画面は白黒になり、音声も途切れてしまったのです。

そして数秒たつと中央にぼんやりとした人影が映りこみ、呆然とテレビを見つめる私に向かい、日本語ではない言語で何かを語りかけていました。

もちろん、それまで見ていたアニメ映画にそんな場面はありません。

怖くなった私はテレビをそのままにして、祖母の寝室に行って一緒に眠りにつきました。

次の日になるとテレビはいつもの状態に戻っていましたが、あの日以来、大好きだったアニメ映画が怖くなり、一人でテレビを見るのも苦手になってしまいました。