漫画が無料で読み放題、電子コミックのサービスまとめ

途方もない大冒険が繰り広げられたり、反対に何気ない日常の気付かなかった魅力を教えてくれたりと、漫画が見せてくれる世界には限りがありません。

気が付けばついつい読みふけって朝になっちゃった、ということだって珍しくないですよね。

でも、1冊は数百円程度とはいえ、10冊、20冊となると結構なお値段になってしまいます。

やはり漫画好きな人なら、できれば無料でもっとたくさんの漫画を読みたいと思うものです。

そこで、漫画好きにはたまらない、「無料」で「読み放題」のサービスを行っている電子コミックのサイトをご紹介します。

漫画図書館Z

マンガ図書館Z - 無料で漫画が全巻読み放題!

漫画図書館Zは、「魔法先生ネギま!」などのヒット作品で知られる、漫画家の赤松健が代表取締役を務める電子コミックサイトです。

このサイトの特徴は、なんといっても他のサイトではまず読めない漫画がずらりと揃っている、という部分にあります。

漫画出版社は、常に新しい作品、人気が高く売れる作品を出して利益を上げようとするため、発表されてから年月の経ってしまったものや、マニアックなジャンルのものはどんどん絶版にされてしまうのです。

しかし、古い作品でも現代の感覚ではかえって新鮮に見えたり、マニアックだからこそ、読者の好みさえあえばこれほど面白いものもないという作品もあります。

漫画図書館Zは、そんな漫画の作家や権利者からの許諾を得て、掲載されている漫画を「全巻」「無料」で公開しているのです。

中には、2019年現在、作品が映画化されて大ヒット中の漫画家や、青年誌やレディースコミックで活躍中の漫画家が、少年・少女漫画誌で発表していた作品もあります。

そのため読んでみると、あの人がこんな内容の漫画を描いていたのかという、意外な発見ができるのも楽しみの一つです。

無料の電子コミックは、広告を表示することで利益をあげるのが常ですが、漫画図書館Zの場合、広告はページを開いたとき、その両端の隅に表示されるため、読書の邪魔になることはありません。

スキマ

スキマ|全巻無料漫画が32,000冊以上読み放題!

スキマで読むことができる漫画は、無料と有料があり、そのうち無料漫画は約32,000冊と、他のサイトに比べて特に多いということはないのですが、驚くのはそのラインナップの豪華さです。

「いつかティファニーで朝食を」や「喰いタン」、「海猿」など、ドラマ化や映画化で人気を博した名作漫画が、検索ページをめくるごとに目に飛び込んできます。

掲載作品は年代もジャンルもとにかく豊富で、週間少年ジャンプで連載されていた人気作もあり、マニアなら何があるのかと探してみるだけでも時間を忘れてしまうほどです。

スキマの無料漫画は「全話無料」と「待つと無料」の2種類があります。

そのうち「全話無料」は会員登録の必要も無く、サイトにアクセスして読みたい作品を選ぶだけですぐ読むことが可能です。

広告は作品の1話ごと、1ページ目と最終ページに表示されるだけで、唐突に画面を邪魔してポップアップするということもないので、気持ちよく読み進められます。

「待つと無料」は会員登録してログインすることで1日1話だけ読めるというものですが、毎日21時に配布されるチケットを使えば続きを読むことができるのです。

会員登録はLINEやgoogleなどSNSのアカウントを利用することで、クリックするだけで簡単に行えます。

eBookJapan

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

eBookJapanは、2019年3月28日にサービスを終了したYahoo!ブックストアを引き継ぐ形で登場した、新しい電子コミックサービスになります。

このサイトの特筆すべき部分は、とにかく最新の人気作品が揃っているということです。

「ゴールデンカムイ」や「約束のネバーランド」、「転生したらスライムだった件」など、今まさに流行の漫画を無料で読むことができるサイトはなかなかありません。

eBookJapanはまた、ジャンルや作家ごとの特集を組んで、作品を一気に無料公開するなど、ユニークなサービスを行うことでも知られています。

掲載されている無料漫画の多くは1~2巻のみですが、アニメ化などで話題の作品を気軽にチェックできるのは、貴重かつ非常に優れたポイントです。

eBookJapanは、利便性の高さも見逃せません。

まず、yahooメールやY!モバイルなど、yahooIDをすでに取得している人なら、利用開始に際して面倒な手続きはいらず、案内に従って数回ボタンをクリックするだけです。

そして会員登録を済ませると、クーポンの配布や50%割引などの優待を受けることができます。

無料で漫画を読んだ後、その続きが読みたくなったときには、この優待を使うことでお得に読むことが可能なのです。

さらに、eBookJapanはECサイトであるyahooショッピングのショップの一つであり、yahooショップはTポイントに参加しているため、支払いにはTポイントが使えます。

せっかく無料で読み始めたんだから、現金を使いたくないという人は、優待と割引を使うことで驚くほどの低価格で続刊を購入できるのです。

もちろん購入したコミックにも、価格に応じてTポイントが付与されます。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

大手ECサイトのAmazonでは、読書アプリのKindleによる電子書籍サービスを展開していることで有名です。

月額400円で利用することのできる特別会員制度、Amazon Primeのメンバーになると特典として利用できるPrime Readingで読むことができる漫画の数は僅かなもので、漫画好きの興味を引くものではありませんでした。

しかしその上位版というべきKindle Unlimitedでは、幅広いジャンルの漫画が取り揃えられています。

Kindle Unlimitedは月額980円のサービスですが、初回30日は無料で利用することができ、期間内に解約すれば一切料金は発生しません。

解約手続きもわかりやすく簡単なので、安心して利用することができます。

基本が有料のサービスなので、広告表示が無いのも嬉しいところです。

Kindle Unlimitedの特徴は、他の電子コミックサービスでは探すことができないようなものがあるという点にあります。

例えば、あの「漫画の神様」手塚治虫のカルト的作品で、2007年には実写映画化、2019年には2度目のアニメ化を果たすことになった「どろろ」や舞台やドラマで知られる「陽だまりの樹」も無料で読むことができるのです。

ただし、ラインナップはよく変更されるという点には注意する必要があります。

ついこの間まで読めていた作品が、いきなり読めなくなってしまったということも起きるため、無料サービスにあがることが珍しい作家の漫画は、できるだけ早いうちに読みきることがおすすめです。