Arduinoで温湿度を取得する【DHT22/AM2302】

温度・湿度を小数点単位で取得できるセンサー「DHT22/AM2302」にて実際に取得してみます。

準備するもの

ブレッドボード図

以下の様に接続します。

Arduinoセンサー
5V+
D5OUT
GND-

ライブラリのインストール

ライブラリマネージャーから「DHT sensor library」を検索しインストールします。

温湿度センサーの値をシリアル通信で出力するスケッチ

以下のスケッチを書き込むと、センサーから取得した温湿度を1秒置きにシリアル通信で出力します。

#include <DHT.h>
#include <DHT_U.h>

const int PIN_DHT = 5;
DHT dht(PIN_DHT,DHT22);

void setup() {
  // dhtライブラリの初期処理
  dht.begin();
  // シリアル初期処理
  Serial.begin(9600);
}

void loop() {
  dht.readHumidity();
  dht.readTemperature();

  // 1秒待機
  delay(1000);

  // 湿度を取得
  float humidity = dht.readHumidity();
  // 温度を取得
  float temperature = dht.readTemperature();

  // シリアル通信で温湿度を出力
  Serial.print(humidity);
  Serial.print("% ");
  Serial.print(temperature);
  Serial.println("C ");
}

出力した様子