Raspberry PiでIPアドレスを固定する方法

2019年9月22日

Raspberry PiでIPを固定して、サーバー構築等でアドレス特定の手間を省きたい。

コンソールから現在のIPアドレスを確認する

Wi-Fiに接続した状態でコンソールを開き、コマンド「ifconfig」を実行します。

現在ラズパイに割り当てられているIPアドレスを確認。

wlan0のinetを見ると192.168.1.135が割り当てられていることが分かります。

IPアドレスを固定する設定を行う

/etc/dhcpcd.confをnanoなどのテキストエディタで開き、一番下に以下の文字列を追加します。

「static ip_address=192.168.1.135」の太字部分はifconfigで取得したinet 192.168.x.yを使用します。

その他「static routers」や「static domain_name_servers」はinetが192.168.1.xxxなら192.168.1.1という形式で設定します。

追記して保存出来たら、ラズパイをrebootコマンドで再起動します。

再起動後、IPが固定されたか確認

再起動完了後、ifconfigで固定されているか確認します。