Icecast2をCentOS8にインストールする

Icecast2のソースをダウンロードし、condigure実行したところ、「XSLT configuration could not be found」のエラーが出て継続できなかった。

色々試してインストールできたのでメモとして残しておきます。

環境

OSCentOS 8
Icecastバージョン2.4.4

必要ライブラリのコンパイル&インストール

rootユーザで下記実行。

libxslt-develのインストール

yum install libxslt-devel

liboggのインストール

# ソースダウンロード
wget https://downloads.xiph.org/releases/ogg/libogg-1.3.4.tar.gz

# 解凍
tar xfz libogg-1.3.4.tar.gz

# 解凍したフォルダへ移動
cd libogg-1.3.4/

# コンパイル&インストール
./configure
make install

libvorbisのインストール

# ソースダウンロード
wget https://downloads.xiph.org/releases/vorbis/libvorbis-1.3.7.tar.gz

# 解凍
tar xfz libvorbis-1.3.7.tar.gz

# 解凍したフォルダへ移動
cd libvorbis-1.3.7/

# コンパイル&インストール
./configure
make install

Icecastのインストール

# ソースダウンロード
wget http://downloads.xiph.org/releases/icecast/icecast-2.4.4.tar.gz

# 解凍
tar xfz icecast-2.4.4.tar.gz

# 解凍したフォルダへ移動
cd icecast-2.4.4

# コンパイル&インストール
./configure
make install

設定ファイルの編集:icecast.xml

解凍したフォルダ「icecast-2.4.4」へ移動し、icecast.xml.distを編集します。

「bind-address」タグのコメントを解除し、サーバーのアドレスに書き換えます。

ここでは「0.0.0.0」として家庭内LANからアクセスできるようにしました。

ログフォルダの作成

ログディレクトリはicecast.xmlの「logdir」タグで設定します。

ログファイルを保存するためのディレクトリを作成します。

フォルダはroot以外のicecast実行予定のユーザにしてください。

mkdir -p /usr/local/var/log/icecast
chown user:user /usr/local/var/log/icecast/

Icecast起動

解凍したフォルダへ移動し、root以外のユーザで以下コマンドを実行

icecast -c conf/icecast.xml.dist

http://[設定したアドレス]:8000/にアクセス出来たら起動成功です。