CentOS8でVirtualboxを実行すると「rc=-1908」エラー

2020年8月17日


CentOS上でVirtualboxを実行すると以下のようにエラーとなった。

rootで/sbin/vboxconfigを実行するようなメッセージがあったたので、実行してみる。

するとまたもやエラー。

/var/log/vbox-setup.logを見るようにあるので見てみると。

すると「please install libelf-dev, libelf-devel or elfutils-libelf-devel」との記述が。

しかし、以下コマンドを実行するも、既にインストール済み。

「yum install libelf-dev libelf-devel elfutils-libelf-devel」

で、ここで仮想化機能を有効化していないことに気付き、BIOSからIntel-VTを有効化したが状況変わらず。

ここでもうひとつのメッセージ「Kernel driver not installed」に着目する。

最新のカーネルにアップデートしてみる。

rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
yum install https://www.elrepo.org/elrepo-release-8.el8.elrepo.noarch.rpm
yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-ml

yum --enablerepo=elrepo-kernel swap kernel-tools-libs kernel-ml-tools-libs

再起動して、最新のカーネルで起動した後再度vboxconfigを実行。

すると、メッセージ内容に変化が。

カーネル関連パッケージも更新することにした。以下コマンドでインストール。

yum --enablerepo=elrepo-kernel swap kernel-tools-libs kernel-ml-tools-libs

すると競合エラーが発生。競合するバージョンを削除

yum remove kernel-tools-4.18.0-193.14.2.el8_2.x86_64

もう一度以下を実行

yum --enablerepo=elrepo-kernel swap kernel-tools-libs kernel-ml-tools-libs

今度は正常終了。

次に以下コマンドを実行。

yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-ml-tools

競合するカーネルヘッダーを削除

yum remove kernel-headers-4.18.0-193.14.2.el8_2.x86_64

最後に以下コマンド実行

yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-ml-devel kernel-ml-headers

次こそはうまくいってほしいと念じながら、vboxconfig実行

無事撃沈。どうやらgccが必要みたいなのでインストール

yum installl gcc

気を撮り直して、vboxconfig実行

またもやエラー

ちょっとモチベーションが持たなくなってしまったので一旦調査修了します・・・