「ベランダに人の顔がある!」と思ったら…


社会人生活10年目を迎えた春、私は長野から東京へ転勤になりました。

人生初の一人暮らしを始めるということで、かなり戸惑いがありました。

しかも、人事発令が出てから 引っ越しの日まで10日間しかなかったのです。

私は慌てて方南町のマンションの9階に入居契約をし、家電や家具を買い揃えました。

引っ越し当日は作業が順調に進みましたが、一つだけ買い忘れていたものがあることに気づきました。

それは、カーテンです。

その日はもう買いに行く時間がなかったので、カーテンなしで一晩過ごすことになりました。

すると深夜23時頃、窓の外から妙に視線を感じるのです。

恐る恐る窓の方を見たら、なんとそこには人間の顔がありました。

そして、その顔は「ヤバッ」という表情になりました。

よく見ると、隣の部屋の住人が、ベランダから私の部屋を覗いていたのです。

きっとその隣人は、どんな人が引っ越してきたのか気になったのでしょう。

しかし、私にとっては、窓の外に生首のようなものを目撃する衝撃の恐怖体験でした。