私にしか見えなかった女性の姿


学生時代にクラスの仲間と卒業旅行へ行きました。

宿泊した宿は山の中にあり、近隣にはスーパーやコンビニがなかったので急遽友人数名とタクシーで市街地まで出ることになったのです。

夜道を歩きながらタクシーを捕まえようとしたのですがなかなか見つからず、どこかで人に聞いてみようと話していた時でした。

二手に分かれる道の間に人が立っているのが見えたので「あそこに立っている女の人に道を聞いてみようよ」と私が言うと、友人は皆無言で私の顔を見て立ち止まりました。

「誰もいないよ。」と皆が言い、私も再びその場を見ると女性の姿はなくゾッとしたのを覚えています。

結局そのまま歩き続けてタクシーを見つけることができました。

その後の旅行では皆で楽しく過ごし、トラブルもなく無事に帰宅しました。

しかし帰宅してから数日間、私は金縛りにあって髪の長い女性に乗られたり呼吸が苦しくなったりと不思議な体験が続きとても怖かったです。